稽古の心得

1. 礼儀作法は正しく、規律を守り、指導者の教えに忠実に従うこと。
2. 稽古場に入場する時は、帽子、コート等をとり
   正面に一礼してから師範と道場生に気持ちよくあいさつをすること。
3. 稽古開始の時間に遅れた時は、そっと入場し、準備すること。
4. 稽古場内では、お互いに和を尊び、明るくのびのびと稽古に励むこと。
5. 稽古は真剣に、素直に、怪我、過ちのないように心がけること。
6. 稽古着は、常に清潔にすること。
7. 稽古が終わったら必ず稽古場を掃除すること。
8. 稽古場内は禁煙とし、酒気を帯びた者は稽古場に入れません。
9. 稽古場内の私語は稽古の妨げとなるので慎むこと。
10.見学者も稽古場内の秩序に協力し、見学の許可を得てから所定の位置で正座して見学してください。